蘇州三田精密金型株式会社へようこそ。
ホーム > ニュース > 会社のニュース

会社のニュース

ニュース
サーチ
ベストセラー

産業用大型ファンの特徴(二)

時間: 2020-02-12

ビュー: 186

産業用大型ファンの特徴(二)

前回の記事では、優れた産業用ファンの選び方に関する質問に部分的に回答し、その3つの基準を挙げました。今日、私は残りの4つの規格について消費者に伝え続けます。私の記事で、産業ファンについてさらに理解を深めていただければ幸いです。


標準ブレード間隔

ブレード間の距離が小さすぎると、気流が乱れ、ブレード表面の摩擦が増加し、ファンの効率が低下します。ブレード間の距離が大きすぎると、圧力損失が増加し、風圧が不十分になります。これらの要因により、産業用大型ファンのブレードスペース設計の妥当な範囲を作る必要があります。


葉数は5、6、8枚。


大型の工業用ファンの妥当なブレード数は5、6、8などです。ただし、対称形状の偶数のブレードを使用し、バランスが適切に調整されていないと、システムの共振が発生しやすくなります。ブレード材料が振動による疲労に耐えられない場合、ブレードまたはマンドレルが破損します。したがって、ファンは奇数(5ブレード)ブレード設計を採用しています。


高いブレード平滑性


これは非設計要素の影響を受ける指標であり、基本的に生産者の金型成形・後加工技術に依存します。設計曲線に加えて、ブレードの不均一性により回転に乱流が発生し、摩擦が増加し、ファン効率が低下し、ファンの性能が低下し、作動音が増加します。したがって、ブレード表面の滑らかさは製造時に厳密に制御されます。


ブレードは均一な質量分布のアルミ合金で作られています


一般に、アルミニウム合金で作られた大型の工業用ファンは、ある程度の靭性を備えており、ある程度の物理的変形に耐えることができます。また、空気を押す過程で力によって振動しますが、一般的に振幅は小さくなります。その他の深刻な振動は、ブレードの質量の不均一な分布と、質量の中心と回転軸の間の偏心によって引き起こされます。ファンブレードの面積(質量)や偏心が大きいと、ファンやラジエーターを振動させ、ケース全体に影響を与える可能性があります。


蘇州Mitian精密金型会社から産業用冷却ファンを購入する場合は、上記の基準を覚えておく必要はありません。蘇州Mitian会社は、心配しているすべての問題を解決する高品質の製品を提供できるからです。