蘇州三田精密金型株式会社へようこそ。
ホーム > ニュース > 業界ニュース

業界ニュース

ニュース
サーチ
ベストセラー

スピードセンサーの導入

時間: 2021-02-08

ビュー: 43

スピードセンサーの導入

速度センサーは電気自動車にとってより重要なセンサーであり、より多くの用途を持つセンサーでもあります。速度センサーは、その定義上、主にセンサーの速度を測定するために使用され、速度センサー、車速センサー、車輪速センサーなどに分けられます。


回転速度センサーは、主に電気自動車の回転速度を検出するために使用されます。現在、一般的に使用されている速度センサーは、電磁誘導速度センサー、光電誘導速度センサー、ホール効果速度センサーの3つです。それらはすべて、非接触測定の原理を使用して、検出の安全性を高め、検出精度を向上させます。


Speed sensor


たとえば、ホールタイプの車速センサーは、主にクランクシャフトの角度とカムシャフトの位置で使用され、点火と燃料噴射回路のトリガーを切り替えるために使用されます。また、回転部品の位置と速度を制御する必要がある他のコンピューター回路でも使用されます。 。


これは、永久磁石と磁極を含むほぼ完全に閉じた磁気回路で構成されています。軟磁石ブレードローターは、磁石と磁極の間のエアギャップを通過します。ブレードローターの窓は、磁場が影響を受けることなく通過してホールに到達することを可能にします。エフェクトセンサー、窓のない部分が磁場を遮断します。


光電式車速センサーは、穴あきターンテーブル、2本の光導体ファイバー、発光ダイオード、光センサーとしてのフォトトランジスターで構成されています。


the sensor


フォトトランジスタをベースにした増幅器は、エンジン制御コンピュータまたは点火モジュールに十分な電力を備えた信号を提供し、フォトトランジスタと増幅器はデジタル出力信号(スイッチパルス)を生成します。発光ダイオードは、ターンテーブルの穴を通してフォトダイオードを照らし、光の送受信を実現します。


車速センサーは、電気自動車の速度を測定するために使用されます。車速センサー信号は、主にダッシュボードのスピードメーター表示や、エンジンのアイドリング速度や電気自動車の加速度の制御に使用されます。


Speed sensor


現在、我が国の電気自動車の速度計のほとんどは、カーフォーラムの選択された速度を車の速度に変換することによって測定されています。車のブレーキングや横滑り、新旧、摩擦、路面、タイヤ空気圧などによるフォーラムの外周の変化の場合、過度のエラーが発生し、機能しなくなることさえあります。


現在、車速センサーには、主に電磁誘導、光電、可変磁気抵抗、およびホール集中型が含まれています。電磁誘導およびホールタイプの速度センサーは、電気自動車で一般的に使用されています。