蘇州三田精密金型株式会社へようこそ。
ホーム > ニュース > 業界ニュース

業界ニュース

ニュース
サーチ
ベストセラー

センサー処理手順の共有

時間: 2021-07-08

ビュー: 34

センサー処理手順の共有

センサーハウジングの特性は主に防爆処理を行うことであり、センサーハウジングの材質は材質によって要件が異なりますので、材質や用途に応じて適切なセンサーハウジングを製造する必要があります。センサーハウジングを使用すると、センサーは自然に分離できなくなります。


センサーの開発は、センサー処理技術と密接に関連しています。現代の技術開発では、製造技術の進歩により、 センサー処理技術の進歩も促進されています。現代のセンサーには、統合センサー、薄膜センサー、厚膜センサー、セラミックセンサーの4つの主要な製造プロセスがあります。


集積センサー集積センサーの製造プロセスは、基本的に標準的なシリコンベースの半導体集積回路の製造プロセスと同じです。センサーは統合された方法で製造された後、より少ないボリュームを取得し、より多くの機能を統合できます。一部の統合センサーは、測定信号を処理する処理機能の一部を持つことができます。

seller of sensor enclosure,

薄膜センサー薄膜センサーの製造には、ナノメートルなどの高度な技術が含まれます。薄膜センサーの製造方法は、敏感な材料を使用して、誘電体基板、つまり基板上に薄膜を形成することです。薄膜センサーは、製造中に一部の回路システムと組み合わせることもできます。これには、ハイブリッドプロセスを使用する必要があります。


厚膜センサー厚膜センサーは薄膜センサーに対応します。それらはまた、基板上に膜を形成することによって製造されます。違いは、厚膜センサーがセラミック基板上に敏感な材料のスラリーでコーティングされていることです。厚膜センサーの製造材料は主にアルミナであり、コーティングが形成された後に熱処理が行われるため、厚膜を形成することができます。


セラミックセンサーセラミックセンサーは新技術の応用であり、伝統的な材料の応用でもあります。セラミックセンサーに使用されるセラミック材料は、ハイテクセラミックとしても知られるファインセラミックです。セラミックセンサーの製造は、主に標準的なセラミック技術またはゾル技術の変形に依存しています。適切な準備作業を完了した後、形成されたコンポーネントは高温で焼結されます。


蘇州Santianは、あらゆる種類のセンサーに適したセンサーエンクロージャーの販売者です。また、センサーセンサーハウジングも販売しています。あなたがそれらを必要とするならば、買うために我々に連絡してください。


タグ:センサー処理手順、センサー処理技術、センサーハウジング材料、センサーエンクロージャーの販売者、